« U.F.O | トップページ | 落語の夜明け »

2006年4月25日 (火)

稽古

先輩に落語の稽古をつけて頂きました。

師匠以外に稽古をつけて頂いたのは久々です。

先輩の家で膝を付き合わせてのマジな稽古、当たり前ですが。

そのひとつひとつの落語理論に「目からウロコ」でございます。

どの言葉、どの動きにも意味があるのです。
そして無駄を徹底的に減らすこと。

やってはいけない事

ネタが充分繰れていないと「あー」とか「えー」とか入ってしまいます。

これがいけないのです。

テンポが崩れてしまい、間延びしてしまいます。

そして、客観的に聴くと分かるのですがこれが実に気になるんです。

「落語は歌うように演れ」

とは我が師、仁智が言っておりました。まさにその通りなのです。

つまり

我々はアーティストなわけで。

笑福亭仁鶴の「青菜」をカヴァーしたりするわけです。

独演会ではベストヒッツのオンパレードなんです。

だからー

みんなも落語ライブ見に来ねー?!

|

« U.F.O | トップページ | 落語の夜明け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稽古:

« U.F.O | トップページ | 落語の夜明け »