« 京都市民寄席 | トップページ | 新しい会が始まるよ~ん »

2006年7月13日 (木)

月例島之内寄席

上方落語協会主催の落語会「島之内寄席」に行ってきましたよぉ。

いや、出番でなくて「鳴物(なりもの)」担当なんですけどね。

太鼓と笛が出来るおかげでこういった「鳴物オンリー」の仕事も結構ある訳。

いや~、勉強してて良かった~。

会場に着くともう後輩だらけでね、「兄さん、兄さん」って。
こんな僕でも「兄さん」って呼んでもらえるこの世界。
お恥ずかしいったらありません。

昨日、京都市民寄席で「桂ちょうば」君と一緒だったんですけどね。

そこで

「落語は【オチ】があるから落語やねん!【ワァワァオチ】なんてとんでもない!オチつけろオチ!」

ちゅう訳で彼が独自に考えた「鉄砲勇助」のオチを今日の「島之内寄席」で言わせたのは僕です。

師匠の目を気にしてましたけど、彼はねぇ、革命を起こしましたよ。
今日から新たな上方落語の歴史が始まります。
彼が有名になったら僕のおかげですからね(ウソ)。

さて、今日の番組は

桂ちょうば「鉄砲勇助」

桂春菜「野ざらし」

笑福亭三喬「首の仕替え」

桂ざこば「ろくろ首」

       中入り

笑福亭仁嬌「二十四孝」

笑福亭小つる「竹の水仙」

でした。

後、小つる師一行で軽く一杯。

落語協会はいよいよ9月から「繁盛亭」も始まりますからね。

上方にもいよいよ落語ブームが来るんじゃないですか~。

それを担っているのは足を運んで頂く皆さんです!

宜しく!!

|

« 京都市民寄席 | トップページ | 新しい会が始まるよ~ん »

コメント

お疲れさん。
小つる師匠何かゆうてはった??

投稿: らくしょう | 2006年7月14日 (金) 22時26分

香川でまた宜しく!!って言ってはりました!

投稿: 智之介 | 2006年7月15日 (土) 14時28分

ほうほう。
で、昨日小つる師匠と会ってたんやけど、乾杯の後にすぐにビールこぼす粗相をしたらしいな・・・(・∀・)ニヤニヤ

投稿: らくしょう | 2006年7月18日 (火) 08時32分

ほんのご愛嬌です…

投稿: 智之介 | 2006年7月18日 (火) 18時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月例島之内寄席:

« 京都市民寄席 | トップページ | 新しい会が始まるよ~ん »