« 寄席案内 | トップページ | 着物考 »

2006年9月 9日 (土)

一門手拭

第110回目を迎えました一門会「かみなり亭」も無事終了いたしました。

たくさんのご来場有難うございました!

僕は久々に「みかん屋」を演らしていただきました!
何年ぶりでしょうか、逆に新鮮でございました。

サプライズはトリの仁福師匠、「天王寺詣り」のネタを出していたのですが

「らくだ」

を演じられました!!
(決して「天王寺詣り」を覚えられなかったんじゃない…ですよね!?)

僕も袖で聴いていましたがなんかすごい感動しましたね。
噺と一体になっておられる仁福師匠がそこにいました!

僕もいつかは「らくだ」演りたいっすね~。

さてさて今回の「かみなり亭」では

一門の手拭

を販売いたしました。

先の彦八まつりで先行販売いたしましたが。

仁鶴師匠の顔が大きく書かれた横に一門が宝船に乗っている、というデザインでございます。
帆に書かれているのは「七福仁(ひちふくじん)」の文字、う~んオシャレ。

一枚800円。
一門会等の落語会で販売することを検討中。
見かけたらゲットしてね!

よーく見てみましょう。

…おれが乗ってへんやんっ!!

|

« 寄席案内 | トップページ | 着物考 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一門手拭:

« 寄席案内 | トップページ | 着物考 »